読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

お布施はダイヤモンド-通帳とレシートのデュエットー

うたプリにはまった貧乏学生が金がないなりに楽しもうとするブログ

【無理】うたの☆プリンスさまっ♪マジLOVEレジェンドスター 第九話感想(追記アリ)

私はいったい何を見ていたんでしょうか。

ST☆RISHの中で一番好きな音也回でした。

見る前からTLで不穏な空気は察していましたが、こんなことになるとは想像していませんでした。

おそらく私と同じように、

音也の回は瑛一のことは苦手だけども、何やかんやギャグ顔を挟みつつ、でもやっぱり七海の曲は最高!と考えがまとまって

七海のこと考えるとすらすら歌詞が出てくるんだ~成功!

な感じで終わるものだと思っていました。

 

あ。作画は全振りで可愛かったです

確実に音也贔屓の感想になるのは承知で書いてます。

 

以下、ネタバレ有の感想です。

 

当サイトのうたの☆プリンスさまっ♪記事時の画像は、
ブロッコリーオフィシャルサイト(http://www.broccoli.co.jp/)の画像を利用しております。

 

うたの☆プリンスさまっ♪マジLOVEレジェンドスター 第9話感想

デュエットプロジェクトラストを飾る音也&瑛一組。

最初のアバンで音也は「遅刻遅刻~!」と廊下を走ってトキヤにぶつかっていました。曲がり角だったら恋始まらなきゃいけなかったね。

でもパン食べてなかったからノーカンかな。

そんな、いつもの主人公補正かかりまくりでかまわない、可愛い音也だったんですよ。

 

デュエットで、今までの音也のイメージを払拭した歌詞を書くべきだ、と進言する瑛一。

今までのデュエットもよかったけど、瑛一が目指したいのは聴く者の魂をも揺さぶるような曲。

デュエットを通して成長するだけではなく、誰よりも高みを目指して、

心の奥深くに眠っている感情を呼び覚まし新境地に行きたいと熱く語りました。

 

まあね、ここまでなら瑛一もなんか熱いなあで終わる話なんですけど、

HE★VENSの稽古場にやってきたレイジング鳳が

「一番になるためだけに体を動かし、勝つためだけに呼吸をしろ。

他者を圧倒し、踏みつけ、叩き潰せ。それがお前たちの存在意義」

と説きます。

すごいよねーこれ。たとえ仲間であっても不信感持つような言動じゃないですか。

例えば上記のようなことを結局は考えているとしても

「一番になることでどういうメリットがあるか」っていうこととか

そもそもヘブンズたちのモチベーションの上げ方とか全く考えてない。

ヘブンズのメンバーたちは一応いい面もあるように描かれていると感じていましたが(まだ中には不信感ある奴もいるけどな!

レイジング鳳に関しては徹底的に悪役の立場で描く気なんですね。

これでよく会社のドンやってられるよな。

 

さて、今までと一線を画す曲を、まずは春歌が作曲してきました。

三期のトキヤ&真斗回でも触れられていましたが、基本うたプリの世界は曲が先に作られるみたいですね。

それって一般ではどうなんだろう?作詞先にやった方がやりやすそうなイメージなんですけど。

 

それはさておき、瑛一は春歌の曲をとても気に入った様子。

これよりもう一段強い詩にしなきゃねーっつって盛り上がります。

瑛一「俺とお前なら必ずできる!」

と肩に手まで置いちゃって自信満々に言うのです。

の割に作詞してんの音也だけなんですけど。

 

へ???は????????何で?????

今までの自分とは違う歌詞を書きたくて奮闘している音也。やっとこさ出来上がった歌詞の紙も

「こんな歌詞がこの曲にふさわしいと思っているのか」と瑛一はバッサリ。

いやお前もやれよ。

つーかせっかく書いた歌詞捨ててんじゃねーよ。

 

ああ~~~~~無理~~~~~~

もうねー、真剣に仕事してる人の結果をこんなぞんざいに扱える人が

どんだけ真剣に歌ってる!っつったところで心に響かないと思うんですよ。

久しぶりに怒りの感情を素直に出す音也、至極当然です。

そんな音也に向かって

「いやこんな歌詞であの髪曲に釣り合うわけないじゃん。てめえの小手先の感情で書いたところでいいのができるわけねーんだよ

もうちょっと頭使って心の奥までさらけ出さなきゃ無理なわけ。分かる??」*意訳

と瑛一は説きます。

実際こんなムカつく言葉じゃなくて、なんか生暖かい感じの言葉だった気がしますけど。

とにかく今の音也は偽りだ。深層心理まで掘り進めて、本当の自分を解放しろ、とこういうわけですね。

 

単純な音也は見つめ合うと素直におしゃべりできないので

段々瑛一に洗脳されてしまいます。

 

そして「音也らしくやればできる」と洗脳者瑛一に言われてしまったがために、

「自分らしさってなんだ?」と悩んでしまうことになります。

 

自分らしさ。皆さんは「これが自分らしい」って自信を持って言えることってありますか。

自分って自分が思っているより自分自身では見えていなくて、

他者からの客観的視点の話を聞くことで、初めて自分のことが分かる時が多い気がします。

自分らしさを自分から知っている人は、無意識に「自分はこうだから」という縛りを作って生きてしまいそう。

無意識にやっていることこそ「自分らしさ」だと私は思うし、それは誰かに、ましてや自分が設定することじゃない筈なんです。

 

しかし今、音也は自分を見失っています。

頭で考えるより、感情の向くまま書いた歌詞が自分らしくなるんだろうか?

いつなんどきでも笑っていれば自分らしくなるんだろうか?

そもそもそれは今まで何も考えずに自分で行っていたことです。

でもそれを「自分らしい」と音也自身思っていない場合、

「こんなの自分じゃない」と反対の方向にわざと「自分らしさ」を作ってしまいそうな危うさがあります。

 

あまりに危うすぎてうたプリ界きっての闇落ち王、寿嶺二にまで「おとやん、大丈夫?」と心配されてしまう始末。

 

嶺二の心配は的中し、音也は変装もせずに街をうろついてしまいます。

「格好いい~、でも変装もしないでよく一人で歩けるよね」

とちょっと蔑みにも聞こえるファンの心配が聞こえましたが

誰一人として握手もサインも求めていない状況下なので変装しなくてもある意味大丈夫なのでしょうか。

音也もアイドルとしてまだまだだね!

 

変装をしていないので簡単に瑛一に見つかります。

まああの感じだとリムジンで音也尾行してたと考えても何ら不自然じゃないけども、

ともかく瑛一は音也を拉致して「あの後歌詞書けた?」と聞くのです。

うるっせ~~~!宿題出来てないときに聞く母親の「宿題終わった?」くらいうるっせ~~~~!

んで直後に「責めてるわけじゃない」って続けるんですよ、いや責めてるでしょ!?

つかそんなにせかすなら瑛一も書けよ!

 

私が見落としてるだけかな~~音也が完全に作詞担当ってなった描写なんてありませんでしたよね?

瑛一は歌詞書く能力はないの?ないのにこんなにアドバイスしてくるの??なんなの??

この後も文句と口出しだけは立派な瑛一はレイジング事務所が環境を整えるから、そこで集中して歌詞書いたほうがいいと提案してくるんです、

そのあとに「もうデュエット収録まで日がないから」と釘を刺して。

 

も、すんごい人心掌握に長けてませんかコイツ。

これで音也断ったら「この状況で余裕だな」って嫌味言われるだろうし、音也もこの環境で書ける状態じゃないことは分かっているし。

実質音也が断る選択肢なんてないわけですよ。ん?なんか大きなドラマとか映画撮影とか入ってたら別ですけど。

ないですか。なさそうですね。

だから音也は瑛一の提案を飲むしかありません。

折角音也の不調に気付いた嶺二が「おとやんと一度話し合ったほうがいいと思う」とアドバイスしてくれたのに

合宿(という名の軟禁)生活に入ってしまって連絡が取れなくなりました。

 

合宿は音也と瑛一の二人だけ。

音也の歌詞に意見できるのも瑛一だけ。

追い詰められていく音也に瑛一は暗い過去を思い出すように要求していきます、

音也について個人的に調査したことまでバラして。

 

音也の欲しがったものは皆失ってしまった。

幸せや、愛を失いたくないがために、音也は笑顔の仮面をかぶるようになった。

音也の笑顔は偽りだ。偽物だ。スターリッシュのメンバーだって気が付いている。

欲しいものはどんな手段を使ってでも手に入れる。それがどんな結果になろうとも。その考えは音也も瑛一も同じだ。

 

これが瑛一の見解です。音也はみごとに洗脳され、瞳に光を無くして瑛一とともに歌います。

……音也の歌のシーンでこんな暗い場面初めて見ました。

音也はそりゃゲームでは色々悩むことはあるけども、私のイメージは前向きに考えた結果ぶつかってしまう悩みばっかりで、

こんな、誰かの暗い考えに引きずられて堕ちてしまう音也は観ていてとても苦しかったです。

 

 ラストシーン完全に光失ってるし……

 ラストシーンからキラキラキラ~ってエフェクトかかって

太陽音也の「レ~ジェンスタ~!」がかかるんですよ高低差で風邪ひく。

 

 

まとめ

 とにかく一話で完結しませんでした。

してないよね?おそ松さんじゃねーんだから。

これで次の回歌詞書いた紙束燃えーの

「そんなの気にしてる場合じゃない!選抜に選ばれたぞ!」

って連れ去られていく展開になんてならないでしょ?もういっそのことそうしてくれよ……

 

瑛一はDV彼氏の素質があるよね。相手の心えぐること散々言っといて

「でも俺も分かるよ、だって俺たち一緒だもんな」

って共依存の立場に持っていこうとしたら天下一品じゃないか。

おそらくAパートから察するに父親のレイジング鳳と精神的な問題で関係があると踏んでいるんだけどどうかな。

だからって音也監禁してトラウマ掘り起こして勝手に人の人格決めつけて(お前の笑顔は偽物の件)いい理由はどこにもないけど。

 

次回にもし続いて、瑛一の部分も掘り下げるのであれば、

『瑛一もこんなにひどいことされたから、音也にこれだけのことしてしまっても仕方ない』

ってストーリーを作らないでほしい。

どれだけひどいことをされても、またここまでのことをしたことに理由があっても他者を傷つけていい理由になんてならない。

監禁していい理由にはならないし、『欲しがったものはすべて失っている』なんて決めつけていい理由になるはずがない。

 

笑顔が偽物って決めつけていい

理由になんてならないんだよ!!!!!

 

おそらくいるであろう瑛一ファンの人にとっては嫌われてしまってかわいそうだと思うけども

音也が一番似合う表情「笑顔」に作り物のレッテル 貼りやがったら怒るしか選択肢ないんですよ……

 

****追記****

だってずっと私たちは音也の笑顔を見ているわけじゃん。

2期で彼が孤児だったってことをバラした時でさえ「俺、痔なんだよね」って言うよりするっと告白していて

私は音也のそのスタンスというか、音也の自己を確立するために孤児院にいたことは不可欠で、

だからそこを誰も恨んでいないスタイルにひどく感銘を受けていて、

なのになんか、音也の過去を「かわいそうな事」って瑛一が決めつけているような気がしたんですよね。

瑛一ファンの人からしてみれば完全被害妄想と思うかも知れないけど私はやっぱり音也贔屓しちゃうのでもう書きますけど

情報だけ集めて音也のことを知った気になってあまつさえ「俺もお前と同じだ」って同調するこの無神経さ分かります?

 

音也でさえ分からない「自分」をなんで瑛一が知った気になってんの???

 

音也の闇の部分が見たくないわけじゃないです。人間明るいだけのほうがよっぽど怪しいし。

その闇の出し方でうわああああってなってるんですね、瑛一に全く悪意はないと信じたいけどどうだろう~~次週を待つしかない。

つーか好きな人間の闇の部分が描写されちゃったら興奮してどうしても書いてしまうことになるけども。

****追記ココマデ****

 

現実逃避に話題変えるんですが、これ次回のプリライで確実に歌うでしょ?

デュエットソングはおそらくメインで腰据えて歌うと思うけど

音也はどういう心境で歌うことになるんだろう。ライブの表情までまさか闇落ちとは思わないけど、

あ、無理、話題変わらない。

 

もうやだ…こんな気持ちで一週間待つ身になるとは思ってなかった……

なんだよもう…スマイル全開で明日を目指そうよ……


当サイトのうたの☆プリンスさまっ♪記事時の画像は、
ブロッコリーオフィシャルサイト(http://www.broccoli.co.jp/)の画像を利用しております。
該当画像の再利用(転載・配布等)は禁止しております。 (C)BROCCOLI