読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

お布施はダイヤモンド-通帳とレシートのデュエットー

うたプリにはまった貧乏学生が金がないなりに楽しもうとするブログ

プリライ雑記

うたプリ プリライ

17日に行ったうたプリライブ5thのライブ以外のところの感想。

ライブ自体の感想はこちらをどうぞ↓

[うたの☆プリンスさまっ♪マジLOVEライブ5th STAGE 2日目感想]

 

私は地方民のため、そして大学の授業の兼ね合いもあり

17日に夜行バスに乗り込んでいくことにしました。

行く数日前にバス事故が起こって大変心配でしたけども

父の『バス会社が一番自己に気を付けるのは、他のバス会社の不祥事があった後』

という名言(?)を聞いて落ち着きました。なんか納得しませんかこれ。

 

母は夜行バスを利用するときはわざと残り席が少ないところに押し入れるらしいです。

人気ってことは信用できるに値するという母の見解。

まあ私の乗ったバスは半分がプリライ組っぽく

(痛バ持ってる人ばっかりでした)

人気の類も分かりませんでしたけども。

 

で、着いたはいいんですが、プリライの怒涛のツイートを見ていた方はご存知の通り

今回物販がかなり荒れておりました。

 

物販開始30分でセシルストラップ完売という

まさかの情報に戦慄したプリンセスも多かったことでしょう。

当の私も目を疑いました。

え、なにこれと。アグナパレス語かな?と。セシルと一から『楽しい日本語』勉強しなおそうか?

 

あれ結局なんだったんでしょう。

ともかく、私が通常通り到着すると予定していた時間でさえ、購入は危ぶまれる事態になっていました。

なので急いだんですよ。急いで電車に乗ったんですよ。

環状線反対に乗ってたんですよ。

 

 

 

まだこのころは路線が違うと思い込んでいた時分(目白あたり)

 

 

……毎回……大阪の環状線とか間違えるときは『いずれ着くだろ』な気持ちでいられるんですが

一秒でも近くに埼玉を感じたい私にとっては

息も忘れる大失態です。

しかもちゃんと路線確認して間違ったからね。

もういいよ自分。

 

 

結局素敵なプリンセスに代行していただき、キンブレとタオルをゲットすることができました。

本当にありがとうございます。

トレーディング系はトレーディングする勇気がないので端から買わない人です。

現に特典アクキーは嶺二がでたのに交換できませんでした。

 

ちなみに私がさいたまスーパーアリーナについたころには

並んでも開演に間に合わない宣告を受けました。

 

****

 

さて、代行していただいたグッズを引き取った時点で10時ころ、

私は気づいてしまいました。

 

暇だ。

 

トレーディングしないから取引会場(通称プリンセスマーケット)にいる必要がない。

さりとてウィンドウショッピングできるお店も見当たらない(さいたま新都心の裏にありました)。

もう仕方ない。ぼーっとしてよう。

 

本当にずっとぼーっとしてました。

たまアリ一周してみたり。朝ご飯用のおにぎり食べたりしながら。

一応ウォークマンうたプリ流してたんだけどあんまり集中はできなかった。

お花が並べられ始めてからはそれを撮るのに興じてはいたものの、

基本的に何もできませんでした。

 

 

会場に入ってからは興奮のし過ぎでよくわからないことになりながらも

何とか平静を保っていられたと思っています。

400Levelの真横の席一番列でしたがけっこうはっきり演者も見えました。

隣のおねーさんが夢100やっているのを見てあっあっ、私もやってるんです!

と言うのをどうにかこらえることにも成功しました。

 

 

総じてこんなに楽しいライブに行ったの初めてで……

いつもは大きくてキャパ500人くらいの芸人さんのライブしか行ったことなくて

こんなに一般の人が認知している人たちのライブって正直想像がつかなかったのですが

熱気も、迫力も、演者たちの「絶対楽しませてやる!」って気迫も(ここが一番大きかった)

全てにおいて圧倒されました。

こんなに楽しいところなら

先行抽選会から心臓が縮むほど心労が祟ったり、プリライのために予定を調整したり

お金ためたり防寒具買ったり筋トレしたりした一年も

報われるってもんだよなあブラザー。

 

 

 

また行きたいな。行けるかな。

頑張ってお金ためてまた行きます。

広告を非表示にする

当サイトのうたの☆プリンスさまっ♪記事時の画像は、
ブロッコリーオフィシャルサイト(http://www.broccoli.co.jp/)の画像を利用しております。
該当画像の再利用(転載・配布等)は禁止しております。 (C)BROCCOLI