読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

お布施はダイヤモンド-通帳とレシートのデュエットー

うたプリにはまった貧乏学生が金がないなりに楽しもうとするブログ

うたの☆プリンスさまっ♪マジLOVEレボリューションズ 9話

本当はかなり前から感想は書き終えていたのですが

自分なりにどうしても納得いく答えが出ていたわけではなく、

そうこうしているうちに素晴らしいブロガー様が感想を投稿してらっしゃるのを見て

全消ししました。

あとで後悔したけどもういいです。

 

素敵なブロガー様の寿回感想はこちら→[うたプリ☆ブログ プリンセスゴリラのブロッコリー畑で捕まえて]

詳細なストーリも含めて感想を見たい!というかたにはこちらを強くお勧めします。

 

 

私いつもお笑いライブの感想書くときは「こんなライブがあるんだよ!

行こうよ!ねえ行こうよ!!

という大変押しつけがましい感情で書くので詳しくレビューもするのですが

うたプリの感想を閲覧される人って多分そんなこと書かなくても見てるよな……と思うと

どうしても主観な語り口になってしまうんですよ。

そして今回は嶺二回。何をどう頑張ってもアンナ喰えない男に

「今回もカッコ良かったです、うたプリ☆」

的な単純な感想で終わらせるわけにはいかねえだろ!などと滾った結果

夏と私の熱さにやられたPCが3度も記事を消去しやがりました。

 

THEMANZAI感想書いてた時のデジャビュ

 

さて、嶺二回は最初からどんな結果になろうとも私は撃沈するんだろうと予想していました。

ゲームプレイ済みの方はご存知でしょうが、あの嶺二ですよ?

複雑な過去を持つ彼をどうやって描くのかとっても興味がありました。

 

ただ自担ではないので嶺ちゃん推している方にとってこの感想がどんな気分になるか分かりません。

不快になるかも、という注意喚起だけはしておきます。

 

 

それでは例によって例の如くネタバレバリバリの感想入ります。

 

 

うたの☆プリンスさまっ♪マジLOVEレボリューションズ 9話 感想 NEVER…』

 

今回はROT組が出演するマジック番組のEDを嶺二が歌うようで、

その作曲を春歌がするようです。

 

 

688b6f06-s.jpg

 

ちょちょいのちょいっと進行していくMC嶺二。伊藤さんこれくらいスマートに進行してください

こういう衣装は大変好みです。というかマジシャンの格好ってシックでエレガントな服装が多いので

非常に好み。

この番組を嶺二が担当する、そしてそつなくこなすというところに

人の心を平気で転がせて自分の心は一切見せようとはしない嶺二の狡さを描こうとしているんなら

私はシナリオライターに一生ついて行けると思います。

 

どうしたって嶺二の表現には深読みをせざるを得ませんよね……

私は人の心を疑う事はそりゃー日常茶飯事なので(心の闇が深すぎ)、

別に構わないんですが……翔君とか見てるとそんなこと必要ないのに、と焦燥感に駆られます。

 

さて話を戻しまして。

というか今回話軸にそって感想書く気はさらさらないのでもう飛ばしますが、

前半はただただスマートで格好いい嶺二を描くことを念頭に置いてるんだな、と。

まあ言葉の端々にツッコみたいワードがたっぷりなんですが

「いつ辞めてもいいと思ってた」とか言ってみちゃったり

慌てる後輩ちゃんを見て「今はそんなこと思ってない」とか言ってみたり

なんか面倒くさい女子みたいとか思っちゃうんですけど皆さんどうでしたかね。

 

私は好きな人にのめり込むと好きなところと同じだけ欠点も見つけてしまって落ち込むんですが

こういう人を揺さぶろうとするところは彼の弱いところだと思うんです。

嫌いではないんですよ。こういうところは逆に人間臭いと思うので。

 

ただストーリー軸的に……なんなんでしょう、

恐らく以前から嶺二を好きだっていうクラスタの方でしたら「惚れ直した!」ってなるのかもしれないけど

新規を取り込むにはこの回は不十分だったような気がします。

一癖もふた癖もある人間を24分で表しなさいってそりゃ無理だよ

とも思うんですけどうーん、なんていうか……。

 

ただ単にスマートで、なんでもそつなくこなす人間にしか見えないのではないかと

危惧してしまうんですな私は!!

 

これは新規の方だとそう思えてしまうんではないか、という意味ですよ。

勿論クラスタの方はそんなこと思っていないって事は分かっています。

でももう少し、深く狭いところを掘り下げてもよかったのではないかと。

 

だっってそうでもしないと

「ぼくはね、芸歴結構長いんだ。

子役でデビューして、ソロでアイドルやって、舞台も映画もドラマも出て……

いいときもあったし、そうでもない時もあって。

何か色々やってたら、グループで活動することになっちゃったんだよね」

っていう台詞まで謙遜しただけで実はそんなことないっしょ?

とか思われちゃうかもじゃん!!

 

大人って大人な風に見せかけること上手いじゃないですか。

で、子どもは大人を大人だと信じ込むことが出来て、

下手したらずっと本当の姿を知られないままかもしれなくて、うっ……切ない……。

だとしたら後輩ちゃんが踏み込まなかったらまた一歩引いたまま恋をすることになってるんだよ?

君は多分、KISSをするじゃないよ!何受け身になってんだよてめえからしろや!!

 

あ、でも勿論今回曲が出来て歌っただけで終わりませんでした。

歌った後彼は言うのです。

 

「本当の僕を見つけられるとは思わなかった」

 

え?ホントに?ホントにそう思ってる??

もう全部邪推しか出来なくなってるよどうしてくれんの嶺二!

大人な恋をするのはいいよ、でも私としてはおじさんがぽろっと弱音を見せてくれた時に

あっさり陥落するからそこを描いてミスター!って感じだったフゥ………

 

 

 

………

 

ほらね、何度書きなおしても利己的な考えと解釈しか載せられないでしょ。

 

違うでしょ嶺ちゃん!このままだと君はただの優しくて何でもできる頼りになる先輩だ!

「いい人」っていうのはさ、

「あの人っていい人だよね~」

「うんうん、いい人なんだけどね~」

で終わる可能性バリバリキャラってことなんだよ!

 

 

君はもっと魅せられる筈……!

 

以上、ヤキモキしたまま3度書きなおした感想でした。

あと直接的な感想じゃないけどどうしても言っておきたかった事。

 

 

 

 

ff415f08-s.jpg

 

車内で帽子かぶってたら禿げるよ。

 

 

 

 

当ページはブロッコリーオフィシャルサイト(http://www.broccoli.co.jp/)の画像を利用しております。

該当画像の再利用(転載・配布等)は禁止しております。


当サイトのうたの☆プリンスさまっ♪記事時の画像は、
ブロッコリーオフィシャルサイト(http://www.broccoli.co.jp/)の画像を利用しております。
該当画像の再利用(転載・配布等)は禁止しております。 (C)BROCCOLI